トランクルーム

さまざまな利用法があるトランクルーム

トランクルームは、頻繁に使用しない物品や一時的に預けたい荷物を保管できるレンタルスペースのことです。小物を預けるのに最適なロッカータイプから、商品在庫などを保管できる広さまで選べるので、利用法も様々です。屋内型は気温や湿度などの環境が管理されていることが多く、清掃などのサービスを受けられるので綺麗な状態を保てます。防犯カメラやスタッフの巡回などで防犯対策もしっかりしていていますが、充実したサービスが揃っているだけあり費用も高めです。屋外型は低コストでスペースを借りられますが、空調管理はなされていませんので、精密機器や書籍など気温の変化や水分に弱い物は預けるのが難しくなります。トランクルームは様々な物品を手軽に保管できますが、預ける品に合わせて最適な場所を選ぶことが大切です。

季節用品を預けて家の中をスッキリさせる

扇風機やストーブなどの季節用品は、使用する季節が過ぎると片付けて保管する必要があります。しかし季節用品の中にはサイズが大きいものもあり、家の中に収納するとスペースを取ってしまいます。そのような大型の季節用品は、トランクルームに預けておくことで家の中を広く使うことが可能です。基本的に外でしか使用しないアウトドア用品も、使わない場合に預けておくと便利です。使用する時のみ取り出すことで、家の中に持ち運ぶ手間も省けます。アウトドア用品は温度管理などを必要としない物が多いので、屋外のルームを利用できコストを抑えられるのも魅力です。宅配サービスに対応している場合、使用する時に好きな場所に届けてもらうこともできます。送り返す時も宅配サービスを利用できます。

一時保管に使えば費用も抑えられる

引越しや新居が完成するまでの仮住まい中、一時的に荷物を預けたい場合に利用できるのがトランクルームです。一般的に新居に引っ越す前に住む仮住まいの家は、それほど広い住宅を必要としません。そのため、本来の荷物で部屋がいっぱいになり、生活スペースが圧迫される可能性があります。使用頻度の少ない物は預けておくと部屋を広く使用でき、引越しの際にも荷物を分けて運ぶことができます。荷物が少なくなる分、部屋数が少ない仮住まいを選べ、さらに住居にかかる費用を抑えて、新居の完成まで快適に過ごすことが可能です。大事な荷物や精密機器も、空調管理が行き届いているルームや、セキュリティに力を入れたルームに預ければ安心です。中には美術品やワインのようなカテゴリーごとに最適な環境となる貴重品ルームを用意しているところもあります。